top of page

Qセルズの太陽光発電



Qセルズがヨーロッパで7年連続、オーストラリアで5年連続「太陽光トップブランド(Top Brand PV)」に選定されました。

太陽光専門リサーチ会社である「EuPD Research(以下、EuPD)」は、ヨーロッパとオーストラリアの太陽光市場でブランドの認知度やメンテナンス、市場浸透力などを基準に、顧客を対象としたリサーチを行った結果、Qセルズは「トップブランド」として選ばれました。 EuPDは、2010年にドイツをはじめ、毎年太陽光モジュール、パワーコンディショナ、エネルギー貯蔵装置など3つの製品群に対して「太陽光トップブランド」に選定しています。Qセルズの場合、2012年以来、毎年ヨーロッパの主要国において「太陽光トップブランド」に選ばれています。EuPDが受賞範囲をオーストラリアまで拡大した2016年からはオーストラリアでも毎年「太陽光トップブランド」として選ばれています。

Qセルズが、ヨーロッパとオーストラリアでブランドパワーを確立しているのは、Qセルズの技術力と効果的な現地営業マーケティング戦略が効率的に働いた結果だと言えます。Qセルズは、Q.ANTUM技術をベースに太陽光製品の出力と長期的な安定性を高めています。特に、太陽光セルを半分に分けて抵抗を減らし、出力を高めたQ.PEAK DUOは、ヨーロッパや米国、日本などエネルギー先進国を中心に家庭用および商業用の太陽光市場で販売量が増加しています。また、太陽光貯蔵システムを組み合わせたエネルギー太陽光ソリューションであるQ.HOMEをヨーロッパとオーストラリアに供給しています。

パートナー企業を対象にオン・オフラインの教育やマーケティング資料を提供するなど様々な協力サービスを行っているQ.PARTNERを活用した営業戦略も重要な役割を果たしています。ヨーロッパだけで1500社以上のパートナー企業が入会しており、顧客のニーズに直ちに対応し、顧客満足度を高めています。オーストラリアでは2018年にリリースして以来、現在まで150社以上のパートナー企業が入会し、活発な営業活動を行っています。Qセルズは今後も持続的な研究開発と品質改善を通じて、顧客満足度を高め、グローバルマーケットにおいて親しみやすく信頼できるブランドとして位置づけられるよう、努めていきます。

7 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page